■アニメの感想がメインです(^ω^)TBやコメント、相互リンクは大歓迎ですよ(´∀`) ■10月11日…三連休☆
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキング参加中です。押してくださると励みになります♪
にほんブログ村 アニメブログへ
別窓 | スポンサー広告 | top↑
伯爵と妖精 第6話「白い弓 朱い弓」
2008-11-12 Wed 16:44
6話感想です(^ω^)


リディアの元に現れた妖精女王の侍女スイートピー。

マリーゴールドから事の一部始終を聞いて、月の指輪が抜けなくなってしまったポールを花婿として連れて帰ると言い出した。

エドガーにとってはポールは目をかけている画家なのでいなくなられると困る。

子安ケルピーにとっても月の指輪はリディアに贈るためのものなので、勝手なことをされると困る。

そんな自分勝手な理由ばかりの一同にリディアは怒る。

結局、指輪が外れるまでポールにはリディアをモデルに絵を描いてもらうこととなった。


ってかほんと声優陣豪華だなぁ…w


ポールに絵を描いてもらうリディア。

昔、貴族の屋敷を訪ねたときにエドガーによく似た少年と画家になることを約束したというポール。

その少年のおかげで今の自分がある。

体が弱かったが、思いやりのある少年だった。しかし、その少年は公爵家の人たちと火事で亡くなったと聞いたときはショックだったという。



その話を聞いてエドガーが前に自分のことを話していたときのことを思い出したリディア。

エドガーがやはりその少年のようです。

エドガーも一人を除いてはそのときの少年が自分だと思う人はいないだろうと言う。つまりポールのことでしょうね。

エドガーとリディアが食事しているところにまで現れた子安ケルピー。

そんなにリディアといたいなら、馬として雇ってやるから馬車くらい牽けとエドガーにいわれて激怒する子安w

女に助けてもらって恥ずかしくないのか、とケルピーに言われてエドガーは、

「リディアが僕のために、言い寄る男を追い払おうとしているなんて…ゾクゾクするじゃないか」

静まり返るリディアとケルピーw出ましたねエドガーの鳥肌発言w

んで最終的に水棲馬が食べられないフォアグラをエドガーに食べさせられてケルピーは気分を悪くして退場っていうw



エドガーは、誰にも分かるはずがないと思っていた自分の気持ちを受け止めてくれたリディアを特別に想っていることをリディアに伝えます。

しかし、リディアは、エドガーの心を占めているのは女の子じゃなくて宿敵のことだからこれは恋ではないと言います。

エドガーは帰ろうとするリディアを帰そうとしません。

「怖いのは僕?それとも恋をすることかな?」

そう言ってリディアの手にキスをする。

エドガーはリディアに自分の傍にいてほしいんでしょうね。やっと自分のことを理解してくれる人に会えたんだから。



ベッドで落ち込むリディア。そこにケルピーがやってきます。

ケルピーはリディアにひよこをプレゼント。

暖かくてやわらかくて優しい気持ちになれる。そして守ってあげたくなる。

心を通わせたくて、一緒にいたくて、いなくなったら寂しくて。

そんな気持ちになるリディアにケルピーはプロポーズ。

しかし、リディアは「一人前のフェアリードクターになりたい」と。

そして心の中ではエドガーのことを考えていた。

「エドガー…あなたのことをこうして包んで守ってあげられたらいいのに…」

やっぱりリディアもエドガーをなんとかしてあげたいって気持ちが強いようですね。

子安はかわいそうだけどドンマイってことですねw



一方、エドガーはポールの素性を調べるようレイヴンに命じ、ポールの正体がエドガーの命を狙う秘密結社朱い月(スカーレットムーン)の一員であることが判明する。

エドガーはカールトン教授の所に行き、月の指輪について尋ねる。

そして最後に、目に見えない妖精が見える女性を好きになるのには心の底まで見透かされているようで勇気がいらなかったかを聞く。

「人を好きになるのに勇気なんか必要ないでしょう」

まさにその通りですね。

エドガーだけじゃなくてリディアにも伝えたいことだと思いました。



そしてエドガーは一人でポールのもとへ行く。

ポールは父のオニールをプリンスに殺されていて、エドガーがプリンスの手先だと思っているので、毒薬を飲ませようとするが、

エドガーが公爵家のあの少年だということを理解し、なんとか毒を飲む前に止める。

しかし、仲間はまだエドガーをプリンスの手先だと思っているので、刃物をもってエドガーに襲い掛かってきて…



ナイフには神経毒が塗られていて、重症。

ポールがスカーレットムーンのスパイだと知ったリディアは、エドガーを助けるために自分にできることをしなきゃと意気込むのだった。




ということで6話終わりました。

結局エドガーとリディアは相思相愛ですね^^

ここままいくといつか結ばれそうですね。

そしてスカーレットムーン…これから話がさらに展開していきそうです。

プリンスのこともまだ分かってないしねー
スポンサーサイト
ランキング参加中です。押してくださると励みになります♪
にほんブログ村 アニメブログへ
別窓 | 伯爵と妖精 | コメント:0 | トラックバック:8 | top↑
<<とらドラ! 第7話「プールびらき」 | a cup of tea | ef - a tale of melodies. 第6話「flection」>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
「キスだよ、リディア」 今週もやって来たキラキラ曜日☆と思ったのですが 今回はエドガー憂鬱モードでキラキラ台詞は若干少なめだったか... …
ゆっくり進むのぅ …
2008-11-12 Wed 19:00 もす。
第6話 「白い弓 朱い弓」 ポールがエドガーを狙う朱い月のスパイだったのには驚きました。 分からないのが「プリンス」 「プリンス」っ... …
2008-11-12 Wed 19:28 ワタクシノウラガワR
ますみん妖精の方が格上だったとはw 吹いてしまうのはなぜだろうw 人間体もかわいいですね。 出番が最初だけだったのが残念。 子安さんケルピー今回もキタ━━━(゚∀゚)━━━!!! いやー子安さんが出るとテンション上がるなあw 某アニメでは?... …
2008-11-12 Wed 19:48 のらりんクロッキー
アバンから気障なエドガー。ツンデレなリディア(笑) いつまでも帰らないマリーゴールドの代わりにスイートピーが登場。 月の指輪が抜けな... …
2008-11-12 Wed 20:27 SERA@らくblog 3.0
「怖いのは僕?それとも恋をすることかな?」 人を好きになるのに勇気は必要ないらしいですよ、リディア!それにエドガー! 今度は妖精女... …
2008-11-12 Wed 21:59 ジャスタウェイの日記☆
伯爵と妖精 第6話 「白い弓、朱い弓」 の感想です。 甘いな~。甘いですよ~。けどそれが段々快感に・・・w 男性陣がしゃべりだす気配を感じ... …
2008-11-13 Thu 18:36 箱庭の黒猫
第6話は、ポールの正体が明らかになるお話でした。 そもそも過去に色々あったという話は、何やら複雑ですねぇ。 マリーゴールドに続いて登場の妖精スイートピーは可愛かったです(笑)。 前回ラストでやってきた妖精のスイートピーは、これはなかなか可愛い感じ。 ... …
2008-11-16 Sun 07:57 パズライズ日記
| a cup of tea |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。